2020年3月13日金曜日

【遠征メモ】ブリーラム遠征 観光編

5月4日(土)

2019/5/7(火) ACL第5節 アウェイ ブリーラムユナイテッド戦

10時発の便に乗るため朝8時に成田着。
海外渡航では初のLCC。
機内食は既に記憶の彼方(LCCだから出なかったかも)
15時ドンムアン空港着。
天気は生憎の曇り。
タクシーでホテルへ。
タクシーの順番待ちの間に事前に購入しておいたプリペイドSIMをスマホにセット。
キャリアはtrue move。

【TRUE MOVE】タイ プリペイドSIM7日間 データ通信無制限 100分無料通話つき
【TRUE MOVE】タイ プリペイドSIM7日間 データ通信無制限 100分無料通話つき

特にトラブルもなく通信成功。
ホテルに着いて少し休んで着替えたら夕食へ。

BTSでナナからプルンチットへ向かいセントラルエンバシーのSomboon Seafoodへ。

食後軽くぶらついてからホテルに戻りこの日は就寝。

5月5日(日)
試合のことを事前に調べた際に、どこを見てもチケットは現地スタジアムで当日券を買うか、チケット付きのクラブ公式のツアーに参加するかの二択しか情報が出てこなかった。
万が一を危惧してどうしても前売りを確保したかったため調べに調べ辿り着いたのがThai Ticket Major。
そのチケットカウンターがサイアムパラゴンにあることを突き止めこの日はそこまで出向くことに。

サイアムへ向かうBTSに乗るため切符を買おうとした際に朗報。
国王の戴冠式のためこの日からBTS等の一部の交通機関が無料になっていた。

結論から言えばチケットは買えなかった。
Thai Ticket Majorでは既にACLのチケットを取り扱っていなかったため。
シーズンによって取り扱っていたりなかったり結構バラバラらしい。

チケットは諦めてTaling Plingでランチ。

MANGO TANGOで食後のデザート。

夕食はターミナル21のフードコート。

5月6日(月)
どうしても前売りチケット確保を諦め切れずホテルの近くにあったセブンイレブンの複合機で買えるという情報を入手しトライ。
タイ文字を一切読めないためモニターに表示される文字を逐一翻訳アプリでスキャンして日本語に訳して散々悪戦苦闘した末なんとかゲット。
ポイントは電話番号を入力してSMSで予約IDを受け取ること。
プリペイドSIMが100分だけとは言えたまたま無料通話が付いていてよかった。

旅の目的をほぼ達成したつもりになって気持ちよくバンコク最終日を堪能。
戦勝記念塔

オートーコー市場

タニヤ通り

MKレストラン

2020年3月5日木曜日

【遠征メモ】パナソニックスタジアム吹田観戦 (4回目)


2019/4/14(日) リーグ戦第7節 アウェイ ガンバ大阪戦

■経路
東京から新大阪までひかり指定席。
コバト836、パン工房 まごころの順に回ってベーグル購入。
昼食はオムライス。
小雨だったが降ってたのでスタジアムまでは今年も無難にモノレール。
帰りは新大阪から東京までのぞみ指定席。

■席
ビジター指定席下層メイン。
4度目の参戦にして初のレプユニ着用。
これまでは全体を俯瞰したいがために常に中央寄りの席を優先してきたが今年は思い切ってユニ着用を優先。
いや悪くない。
まさか吹田スタジアムの初勝利になる決勝ゴールのコーナーキックがこの距離で見れるとは思っていなかったし。




■飲食
長屋オムライス 大阪駅前第3ビル店
きのこオムライス?(メモ忘れ)

コバト836
クランベリーショコラ 194円
フルーツホワイトチョコレート 216円
プレーン 129円

パン工房 まごころ

うどん屋 きすけ
鯛ちくわ天と温泉たまごのぶっかけ 800円

2020年3月4日水曜日

【遠征メモ】初サンプロアルウィン観戦


この暇な中断期間は昨季一つも上げなかった遠征メモを記憶だけを頼りにアップしていく予定。
2019/3/9(土) リーグ戦第3節 アウェイ 松本山雅戦

■経路
新宿から松本までバス。
予想していたこととは言えやはり到着は予定時刻より遅れた。
シャトルバスでアルウィンに着く頃にはキックオフ直前で大急ぎで昼食購入。

■席
バックスタンドA指定席。
レプユニ着用可。
とにかく風が強い。
デイゲームということもあって全く寒くはなかったが食事には要注意。

■飲食
キックオフ直前に買ったモツ煮(値段失念)

おきな堂
ボルガライス 1500円

帰りはスーパーあずさで立川まで。

2020年3月2日月曜日

2020年アウェイ遠征計画

既にルヴァンカップもリーグ戦も開幕戦を終えてしまったが気にせず遠征計画の発表。

4/29(水) リーグ戦第11節 アウェイ 北海道コンサドーレ札幌戦
5/10(日) リーグ戦第13節 アウェイ ヴィッセル神戸戦
6/14(日) リーグ戦第17節 アウェイ 横浜FC戦
6/20(土) リーグ戦第18節 アウェイ サガン鳥栖戦
8/15(土) リーグ戦第22節 アウェイ ガンバ大阪戦
8/29(土) リーグ戦第24節 アウェイ 柏レイソル戦
10/3~4(土・日) リーグ戦第28節 アウェイ 鹿島アントラーズ戦
11/28(土) リーグ戦第33節 アウェイ ベガルタ仙台戦

これ以外にルヴァンカップのホームゲームは全て行くつもり。
…だったのだが、ここへきてなんと2/25~3/15までのルヴァンカップ、リーグ戦の全試合が延期になってしまった。
実を言うと今季は人生初のシーズンチケット購入に踏み切ってしまった。
今季が苦難のシーズンになることは想像に難くないにもかかわらず何故わざわざシーチケ購入などという暴挙に出たかはここでは置いておくとしても、購入初年度にこの仕打ちはあんまりだ。

話をアウェイ遠征計画に戻す。
専スタ限定遠征おじさんからすると清水と名古屋は毎年の楽しみでもあったが清水は昨年に引き続きビジターは自由席のみだったので不参加。
名古屋は残念なことに今年は豊田スタジアムではなく瑞穂スタジアムなのでこちらも泣く泣く不参加。

今年どうしても行きたいのは横浜FC。
個人的な予想では昇格後即降格の最有力は横浜FCと予想している。
なので今年を逃すと次はいつになるかわからなくなってしまうため最優先したい相手になる。
だが専スタにもかかわらず(チケット争奪戦に敗れ)未だに一度も行けていない柏スタジアム同様ニッパツもキャパはたったの1万5千人。
今年もおそらく熾烈な争いになるだろうがなんとかチケットを手に入れたい。

あと生来のヘタレ気質が出て18年天皇杯準決勝以来行けていないカシマスタジアムにも今年こそは行きたい。
僻地への行軍のしんどさと「今ならカシスタ参戦試合勝率100%のまま勝ち逃げできるぞ」という誘惑に勝てないことも原因としてあるとは言え。

2020年2月18日火曜日

2019年現地観戦録

昨年同様遠征計画の達成度から。

○ 3/6(水) ACL ホーム ブリーラムユナイテッド戦
○ 3/9(土) リーグ戦第3節 アウェイ 松本山雅戦
○ 4/9(火) ACL ホーム 全北現代戦
○ 4/14(日) リーグ戦第7節 アウェイ ガンバ大阪戦
● 4/28(日) リーグ戦第9節 アウェイ 清水エスパルス戦
○ 5/7(火) ACL アウェイ ブリーラムユナイテッド戦
○ 5/12(日) リーグ戦第11節 アウェイ 名古屋グランパス戦
○ 5/21(火) ACL ホーム 北京国安戦
○ 8/10(土) リーグ戦第22節 アウェイ 北海道コンサドーレ札幌戦
○ 8/17(土) リーグ戦第23節 アウェイ ヴィッセル神戸戦
○ 9/28(土) リーグ戦第27節 アウェイ サガン鳥栖戦
● 11/1(金) リーグ戦第30節 アウェイ 鹿島アントラーズ戦

※○が行った、●が行けなかった

9節清水戦は指定席が無く全席自由席だったので不参加。
30節鹿島戦は昨季同様鹿島相手に怖気づき自分の意思で自宅観戦を決断。

そして計画にはなかったものの突発的に参戦した試合が以下。

3/30(土) リーグ戦第5節 ホーム FC東京戦
4/5(金) リーグ戦第6節 ホーム 横浜F・マリノス戦
4/20(金) リーグ戦第8節 ホーム ヴィッセル神戸戦
6/19(水) ACL ホーム 蔚山現代戦
7/6(土) リーグ戦第18節 ホーム ベガルタ仙台戦
7/31(土) リーグ戦第16節 ホーム 鹿島アントラーズ戦
9/4(水) ルヴァンカップ ホーム 鹿島アントラーズ戦
9/17(火) ACL ホーム 上海上港戦
10/2(水) ACL ホーム 広州恒大戦
11/24(日) ACL ホーム アルヒラル戦
12/7(土) リーグ戦第34節 ホーム ガンバ大阪戦

ACLの4試合は勝ち抜けたら当然行くつもりだったので当然。
リーグ戦ホームゲームは「気がついたら行ってた」というか、シーズンの前半に集中してることからもこの時は純粋にオリヴェイラに心酔していた。

現地観戦した試合の成績は8勝8敗5分け。
ホームゲームでは5勝6敗3分け。
アウェイゲームでは3勝2敗2分け。
ミッドウィークと週末で試合を分けるとミッドウィークが5勝4敗1分け。
週末が3勝4敗4分け。
リーグ戦とカップ戦で分けるとリーグ戦は4勝4敗4分け。
カップ戦は4勝4敗1分け。

2019年浦和レッズのリーグ戦の総合成績が9勝15敗10分けであることを踏まえると観戦した試合が4勝4敗4分けというのはかなり運が良かったように思える。
そして最早「突発的」とは言えないほど計画に無かったホームゲームに参戦した。
最も印象に残ったベストゲームはアウェイガンバ大阪戦。
吹田スタジアム設立以来毎年必ず現地観戦していたガンバ大阪戦だが1敗2分けと一度も勝てていなかったのが念願の初勝利を収めた瞬間を目の当たりにできた。
これで現地観戦して一度も勝てていないアウェイのスタジアムは鳥栖の駅前スタジアムと札幌の札幌ドームとなった。

2019年9月9日月曜日

2019 J1リーグ 第25節 湘南ベルマーレ戦

24節の敗戦はとても振り返る気力が湧かずスルー。
ただ、リーグ戦、ACL、天皇杯、ルヴァンカップ全て残っている現状優先順位を間違えることだけはあってはならない。
これが残留がほぼ確定したリーグ終盤ならともかく残り11節にして16位との勝ち点差はたったの6差。
監督には非常に難しいチームマネジメントを強いられるが総力を尽くして乗り切っていただきたい。

湘南はレッズと同じ勝ち点30。
34得点40失点で得失点差が-6なのでレッズより上位で10位。
諸般の事情でコーチが指揮を任されてから1敗1分けで勝ちなし。
ボールは持つより持たせるスタイル。
夏の補強では5人加入したものの直近3試合でスタメンに名を連ねた選手は無し。
松本同様天皇杯、ルヴァンカップ共に敗退済みでリーグ戦1本に集中できる日程。
指揮官が変わった直近2試合のみ予習。

<鳥栖戦感想>
  • 金崎のポストが上手く鳥栖が何度もチャンスメイク、レッズでこれができる選手は・・・
  • ビルドアップは長いボールより繋ぐ回数が多いが自分で持ち運べる選手が多い、第一選択はドリブル
  • ボールに食いつく守備とマーカーを見失いボールウォッチャーになる傾向
  • 敵陣で奪ってショートカウンターは常に狙っている

<仙台戦感想>
  • 鳥栖戦とは打って変わって堅い入りで堅い展開、後半は湘南らしい鬼プレス
  • 鳥栖戦よりロングボールが増える湘南
  • 前半は岡本が攻撃のキーマンに
2試合の映像とその他の試合のスタッツを見た感想は
・ファウルが多い
・セカンドボールの回収は強くない
・ビルドアップは長いボールより繋ぐ回数が多いが自分で運べる選手が多い
・手数をかけず縦に早い
・劣勢に強く逆転、シーソーゲームも多いがキックオフからトップギアにならない、打ち合い、点の取り合いが多い?
・これというスコアラーがいない代わりに誰でもゴールを奪える

湘南は前節仙台戦から鈴木を大野に替えたのみ。
一方レッズは松本戦からは6人ものメンバー変更されたがミッドウィークに開催されたACL上海戦からは関根が山中に、ファブリシオが武藤に替わったのみ。

この日はなんと開始2分でレッズが先制に成功する。
予習した通り鳥栖戦の2失点目と仙台戦唯一の失点同様、ゴール前に入ってくるフィニッシャーの動きに湘南DF陣がつき切れないという弱みを突いたゴールだった。

おそらくは双方予想していない形での先制点だったがこの後の試合運びが難しくなったのはレッズだったように思われる。
どう考えても守備より攻撃での働きを期待される山中をスタメン起用したことが早速裏目に出て10分過ぎくらいから徐々にレッズの左サイドが狙われ出した。
前半のアタッキングサイドこそ左右均等だった湘南だが途中から山中を狙っていたのは選手コメントからも、前半一杯で関根と交代させられてしまったことからもそれは明らかだった。
レッズは今日は山中(亮輔)選手がスタメンで出ると分かってから、(岡本)拓也くんを狙って勝負させたらチャンスが多くできると分かっていた。
湘南vs浦和の選手コメント(明治安田生命J1リーグ:2019年9月1日):Jリーグ.jp

もっとも序盤からレッズが相手に押し込まれていたのは山中のせいというわけでもなく
・湘南のトランジションの速さと奪われてからのプレスの速さ
・レッズのロングボールの精度の悪さ
といった理由によるものだった。
岡本に負けていた山中と比べ、同年代を意識していたと思われる橋岡と杉岡の対決はほぼ互角のように見えた。

こうなると重要になってくるのが飲水タイムによる監督の修正だが神戸戦と違いこの日は飲水タイムを経てもその後の展開に大きな変化をもたらすことはできず、レッズは引き続き自陣に押し込まれ耐える展開が続いた。
前半に失点せずに済んだのは野田の決定力が足りなかったおかげと西川のファインセーブによるもの。
先程から山中の守備のことばかり責めたが野田が決定機を作っていたのは主に右サイドなので橋岡、岩波コンビも危ういプレーは散見された。

後半も開始早々の武藤がシュートに持ち込んだシーンこそ悪くはないもののその後は前半から引き続き押し込まれる時間が続き、ひたすらセーフティファーストにクリアするようになる。
後半唯一作った決定機は先制点同様カウンターからだったが結果的にはここで決め切れなかったことが勝ち切れずに終わる一因になった。

飲水タイムを経てもハーフタイムを挟んでも改善されないのならあとはもう交代策しか打つ手が無いが、結果的にはこちらも不発に終わった。
今のレッズはJ1リーグの中でもトップクラスに走れないチームとなってしまっているため屈指のハードワーカー湘南を相手にすれば後半早々に走り負けることは明白だった。
そこを交代カードでどう補うかが重要だったのだが2枚目はともかく3枚目はやや疑問が残った。
結果論に過ぎないが交代カードは左サイドの選手に偏っていたがPKを献上するファウルは右サイドで発生した。
2枚目か3枚目のどちらかだけでも右サイドの選手を交代させていたら・・・という思いが拭えない。

以前このブログで磐田戦の最後に「次に前半からリードに成功した時は大槻監督の采配に注目してみたい」という一文で締めた。
あれから40日程度しか経っていないがこの日も交代策で流れを変えることはできなかった。
磐田戦とは状況が違うしこの日のほうがより難しい状況だったがこの先の浮上のキッカケにはやはりこの采配にかかっているように思われる。

2019年8月23日金曜日

2019 J1リーグ 第23節 ヴィッセル神戸戦

今回予習した試合は無し。
この試合も神戸まで現地観戦に行ったことや札幌戦を書き上げるのに時間を要したことや単純に敗戦のショック(これが最も大きい)等も理由としてあるが、戦術以外のイレギュラーが気になって時間をかけて分析する意義が少なく思えたため。

映像確認による予習を一切しない代わりにデータを確認。
33得点39失点という数字はリーグワーストの清水の42失点に次ぐ失点数。
運動量はあまりなさそう。
平均ポゼッションは57%。
ただし現監督就任以後、つまり15節以降のみで計算すると53%。
ちなみに神戸が今季最高を記録したのは8節レッズ戦の70%。

例によって夏の大補強を敢行しスタメンだけで酒井、飯倉、フェルマーレンの3人が。
サブも含めれば藤本と計4人ものメンバーが夏の補強により加入した選手で埋まった。
システムは前節大分戦だけ見ると3バックで面食らうが、ガンバ戦、マリノス戦、湘南戦は4バックなのでこっちが主体なのだろうと思って蓋を開けたら当日は前節同様の3バックだから驚いた。
スタメンはウェリントンを田中に、初瀬を酒井に代えてきた。
ミッドウィークの天皇杯からはGK飯倉を除くと大崎、山口、田中のみが連戦。
一方レッズは長澤を杉本に代えたのみ。
天皇杯からの連戦はGK西川のみで他はフルターンオーバー。
この日は札幌戦でしつこく指摘した宇賀神と関根の配置を入れ替え、左に宇賀神、右に関根でスタート。

序盤は神戸がボールを握る。
レッズは前線のプレスが全くかからず主にサンペールからレッズDFラインとの間に上手く配球される。
サンペールが自由にプレーできた原因は、酒井が加入したことでも飯倉がビルドアップに参加して数的優位を作ってくることでもなく、リーグ戦では6試合ぶりのスタメンとなった杉本のプレスの拙さとエヴェルトンのマークが甘かったことと思われる。

15分を過ぎたあたりから飲水タイムでの監督の修正の効果か、サンペールのマークが徹底されたせいか、武藤と興梠が左右入れ替わったせいか、ようやく前プレスが機能し始める。
GK飯倉までボールを戻させ長いボールを蹴らせることにも何度か成功。
決定機と呼べるほどの崩しは成功しないものの徐々にシュートが増えていた前半終了間際に失点。
前掛かりになったところをカウンター一発で沈められるというミシャ体制下を彷彿とさせる失点シーンだった。

後半も引き続きリスクをかけて前掛かりに攻撃を仕掛け相手を敵陣に押し込み(1度だけ)決定機も作ったが58分に神戸に追加点を奪われる。
こう書くとリスクをかけて前掛かりになったのなら失点は仕方ない、さぞ鋭いカウンターを食らったのだろうと思われることだろうが神戸の2点目はレッズの守備がセットされた状態から生まれた。
起点はやはりサンペール。
前半途中から前プレスと徹底マークによりサンペールに自由に持たせず出させずできていた守備がこの瞬間のサンペールは完全にフリーで浮いていた。
そしてサイドチェンジで一気に前線へ供給し西→田中→山口と繋いでゴール。
山口にマウリシオが全くついて行けずこちらもエリア内で完全にどフリーだった。

おそらくイニエスタを警戒して戻りが遅れたであろうマウリシオ
エヴェルトンがサンペールに、青木が山口についていればよかったようにも見えるが・・・


その後、宇賀神を山中に、エヴェルトンを柏木に、興梠をファブリシオにそれぞれ交代したものの状況は全く好転せず。
むしろシュート数もポゼッションも失点前より低下し、ついにはPK献上によりダメ押しの3点目を奪われる。

以下は感想になるが、3連続ドローからの3-0での敗戦、しかも相手は低調な神戸ということで悲観する声が多いようだが個人的にはそこまで悲観的な敗戦だと思っていない。
アウェイ札幌、アウェイ水戸、アウェイ神戸というかなりの移動距離のあるレッズのアウェイ3連戦に対し、神戸はアウェイ大分、アウェイ大宮、そしてホームと多少マシなスケジュールであったこと。
17節アウェイ大分戦も為す術なく負けていることからも大槻監督はアウェイ連戦に弱いのではないかということ。
16節ホーム鹿島戦から漠然と感じていたことになるがマウリシオ、エヴェルトンといった助っ人外国人のパフォーマンスがこの酷暑で低調のままなのではないかということ。
これらの理由から必然では無かったにせよ負けるに足る理由は揃っていたと見ている。
アウェイ連戦はこの先も待ち構えているし、涼しくなるまで調子が上がらないから助っ人を使えないままではさらに苦しくなるだけなのでどちらも見過ごせる問題ではないが。

しかしより問題なのはやはり失点の仕方だろう。
1失点目はあの時間帯に失点すること自体が大問題だが前掛かりになって攻めた結果と思えばまだ理解できなくもない。
ただ札幌戦の失点と同じような失点だったことは時間帯と同レベルの問題として捉えるべき。
致命的なのは2失点目。
カウンターを食らったわけでもなくレッズの選手全員が自陣に揃っているはずの状況で、サイドチェンジ一発で前線で起点を作られた挙句ガラガラのエリア内でフリーでボールを収められてしまったあのシーン。
後半ATのヘロヘロになって体力も集中力も切れてしまう時間帯というわけでもないにもかかわらず。
この試合唯一のポジティブな要素としては、序盤の一方的な展開を耐え修正し盛り返したこと。
しかし2失点目はその修正したはずの問題が再び露呈していた。

今のレッズは「相手が下位だから」とか「相手が低調で連敗中だから」とか相手によって勝ち負けできるフェーズになく、攻守のバランスを見失いかけているように見える。
次節松本戦からはまた5連戦が始まる。
連戦中の修正ほど難しいこともないため23節と24節の間のこの期間が5連戦全てに備える重要な時間になるはず。
重みが増した松本戦に一層注目したい。